暮らしが楽しくなるコツ 美容

メイク嫌いだった私が日本化粧品検定を受けた理由

スポンサーリンク

いじめっ子がメイクをしていたから

私は、小学生の頃から中学生の頃まで女子たちにいじめを受けていました。そのいじめっ子たちがしていたのがメイクでした。私にとってメイクとは、怖い人たちがするもの、そんなイメージでした。

高校に入って、メイクする人たちが増える中で、私は勉強一色でした。メイクをしている人たちをいいなと思ったことはなかったし、むしろ苦手だなと思う人はみんなメイクをしていたので、メイク嫌いに拍車がかかっていきました。

細い眉は、やんちゃをしている証。アイラインで縁取られた目は、気の強さ。グロスを塗ってぷるんとした唇から発せられるのは悪口や馬鹿にした言葉。

「メイクなんてくだらない」そう心の中で毒づいては、ひたすら勉強に打ち込みました。

短大に入る頃に母がプレゼントしてくれたメイク道具

高校を卒業して、短大に入る頃に母が連れて行ってくれたのは、ショッピングモールのコスメカウンターでした。

「これから必要だろうから」そう言って、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、口紅、ファンデーション、チークを揃えてくれました。

コスメカウンターで一通りメイクの仕方を習いました。BAさんがメイクを施してくれた後、鏡で自分の顔を見たときになんだか大人になった気がしました。

あんなにメイクが嫌いだったのに。不思議と私の心は弾んでいて、メイクをしたまま幸せな気持ちで母と家に帰りました。母が買ってくれたメイク道具を抱えて。

こんなにメイクって難しかったの!?

母がくれたメイク道具で朝、化粧をして短大に通うのが日課になりました。今まで勉強しかしてこなかった私にとってメイクは未知の世界でした。コスメカウンターでやってもらったように、と思って挑戦してみますが、施してもらった時のような顔にはなりません。

短大はほぼ皆がメイクをしていました。毎日メイクをする内に段々といろんなものに挑戦してみたい気持ちが出てきました。

アイラインを引いて登校した時、凄く笑われたのを思い出します。その時の私は、自分がメイク初心者であり、不器用なことにも関わらず、リキッドアイライナーという一番難しいものを使っていたのです。上手く描ける訳もなく、ガタガタのアイラインを引いた私の目はきっと無様だったと思います。

母になり、神崎恵さんの本と出会った

短大を卒業して3年間働いた後、結婚して子どもを授かりました。

「ママになっても綺麗でありたいな」そういうぼやっとした気持ちが私の中にありました。そんな中、本屋さんの美容本のコーナーで出会ったのが美容家としてご活躍されている神崎恵さんの本でした。

最初は「神崎恵さんってお母さんなの!?」と驚きました。神崎さんの考え方や生き方に惹かれ、神崎さんの本を見つけたらすぐに買って読み漁りました。そこで色々な美容の知識を知ることもできました。

メイクは奥が深い。それに知識も必要だし練習も必要なのか。と思い知らされました。メイクの上手な人たちは実は見えないところで努力を重ねていたのです。私が勉強一筋の時、メイクの勉強もしていたのです。20代後半になって「メイクの勉強に出遅れたな」と感じました。

40歳でウエディングドレス

綺麗になりたい。きちんとした知識を身に着けて土台である素肌から綺麗にしたい。そう思って、日本化粧品検定を受けることを決意しました。

今の私の肌は、粉をふいてた20代前半の肌よりも明らかに綺麗になりました。毎日、鏡を見るのが楽しいです。

30代目前の私の夢は、40歳の時、人生で一番綺麗な私であることです。
そして、ウエディングドレスを着て青い海をバックに家族写真を撮るのが夢です。

関連コンテンツ

© 2022 すずらん喫茶 Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。